Archive

完成形にこだわらない

ヨガの練習を続けていると、できないポーズにぶつかることがありますよね。

もちろんわたしもまだまだあります。

 

何回挑戦してもうまくいかない、全然心地良くないし、むしろ辛い…

ポーズの完成形ばかりを追い求めてしまうと、無理をしてしまったり、力んでしまったり、呼吸が浅くなってしまったり…

最悪の場合、からだを傷めることになってしまいます。

 

そんな時は、そのポーズから少し離れてみませんか?

 

 

 

まず今の自分に集中すること

目標を叶えるために、大切なのは努力です。

それと同時に、“早く結果を出さなきゃ”というような目標に執着する欲、焦りの気持ちを手放しましょう。

 

できないポーズにこだわるのではなく、できるポーズをより深く練習する。

 

つまり、目的のものだけを追い求めて先ばかり見つめるのではなく、今の自分に集中すること。

“結果を出す自分”だけしか認めないというのではなく、その結果を目指している“過程の自分”も受け入れることが大切です。

 

 

 

いつの間にかポーズが向こうからやってくる

例えば、頭立ちのポーズもある日突然できました。

 

自分のからだの状態に意識を向けて、しっかりと土台から作る。

そして、“どうしたら心地良いのかな”と、快適かつ安定した状態を探していく。

 

こんな感じで基本から今の自分と向き合う。

 

すると、自分の軸がぴったりハマった瞬間があって、自然とポーズがわたしのからだにやってきたのです。

 

 

目的のものだけを追い求めて先ばかり見つめるのではなく、今の自分に集中すること。

その結果、いつの間にかポーズが向こうからやってくる。

 

というような感覚です。

 

完成形にこだわると、先が遠くて辿り着けるかわからなくなり、嫌になってしまうと思います。

だから、ほんの少しでも成長していく自分を“ここまでこれたね、よく頑張ったね”と、受け入れてあげてくださいね。

 

焦らずゆっくり、過程を楽しむ。

そんなこともわたしはヨガから学びました。